ジェフリー・バワ・リゾート特集|ホテル設備・客室設備・予約

HISスリランカ支店TOP > ジェフリー・バワ・リゾート特集

  
  • ジェフリー・バワの最高傑作:ヘリダンス・カンダラマ
  • 晩年のジェフリー・バワが最も愛したジェットウィング ライトハウス
  • バワの意思を継承するジェットウィング ラグーン
  • バワが平日暮らしていた大邸宅ナンバー11
  • ジェフリー・バワのこだわりが描かれた理想郷ルヌガンガ
  • ジェフリー・バワの最高傑作:ヘリダンス・カンダラマ
  • 晩年のジェフリー・バワが最も愛したジェットウィング ライトハウス
  • バワの意思を継承するジェットウィング ラグーン
ジェフリー・バワ・リゾートに宿泊

ジェフリー・バワ・リゾートに宿泊

世界のリゾート建築史に大きな影響を与えたスリランカの天才建築家ジェフリーバワ。バワの設計した独創的で自由闊達な精神が描かれたバワ・リゾートは世界の旅行者や建築家の憧れとなっています。最高級リゾートの代名詞「アマン・リゾーツ」の創業者であるエイドリアン・ゼッカー氏が、心酔し大きな影響を受けた事をきっかけに、近年さらに人気のリゾートになっています。
バワの美学に彩られた、スリランカの豊かな自然と融合したモダンな建造物は、数多くの旅行者を魅了し続けます。せっかくスリランカに来たのであれば、世界が憧れるバワ・リゾートに滞在し、巨匠ジェフリー・バワの「光と影の世界観」に浸ってください。

ジェフリー・バワ・リゾート

バワ・リゾートの魅力

バワ・リゾートの大きな特徴が、スリランカ独自の大自然や文化との共生・融合にあります。
自然と建造物の境界線がなくなり、自然との一体感を演出している独特の「トロピカル建築」にバワ・リゾートの神髄があります。
かの有名な「インフィニティプール」が生まれたのも、このバワ・リゾートが発祥です。

  • 自然との一体したインフィニティプール
    自然との一体感
    バワの建築理念の一つが自然・文化との共生。スリランカの豊かな熱帯雨林や風光明媚な湖畔を借景とし最大限に取り入れた建築様式は、あたかも屋外と屋内が1つになっているかのような独特の開放感を持ちます。
    インフィニティプールに代表される、ホテルの中にいながら自然に溶け込んだかのような心地よい雰囲気は、自分が今どこにいるのかさえ分からなくなる不思議な錯覚を起こさせます。
  • 光と影のコントラスト
    光と影のコントラストが描く世界観
    太陽の光の角度や星明りの美しさを計算して造られたバワ・リゾートは、常に時間とともにかわりゆく「コントラスト」が描かれます。
    太陽と岩のシルエット、自然と建物、プールと芝生、インド洋と木の椅子…。リゾートの至るところに隠された、まるで絵画のようなコントラストを見つけるたびに、バワの謎解きのような演出に感服します。
  • 東洋と西洋の融合されたバワ・リゾート
    東洋と西洋が融合したテイスト
    自然と建造物の一体化、人と動物の共生、そしてミックスカルチャー。バワの世界観においては東洋も西洋もなく、彼の絶妙なバランス感覚ならではの、全てがニュートラルで多様性を持つ独自の美学が広がります。
    世界を旅したジェフリー・バワだからこそ、なにものにも囚われない、自由闊達な建築精神こそ彼が描く建築図面の神髄です。
バワ・リゾートの最高傑作と称される:ヘリダンス・カンダラマ バワ・リゾートの代名詞:インフィニティープール やがてこのホテルは木々に覆われ、自然に還るだろう 美しいダンブッラの景色を望む客室 美しいダンブッラの景色を望む客室 ヘリダンス・カンダラマのジャグジールーム 心地よい自然に囲まれたテラス ヘリダンス・カンダラマの外観 KANCHANA RESTAURANT 遥か遠くにはシギリヤ・ロックを望みます

ヘリダンス・カンダラマ

数あるバワ・リゾートの最高傑作と称される山間リゾート

バワ・リゾートの中で唯一内陸部のダンブッラにあるホテルが、ヘリダンス・カンダラマ。自然との共生・現地文化との調和を目指すバワ・リゾートの神髄を描いたバワ建築の人気No.1ホテルです。
「やがてこのホテルは木々に覆われ、自然に還るだろう」というバワの言葉通り蔦に覆われたホテルは、もはやゆるやかに自然に溶けつつあります。自然と建造物の共生、ホテル内外の境界線の消失、光と影のコントラストが体現された設計は、バワの「自然との融合」という強いメッセージ性を体現しています。
やがてホテルがジャングルに溶け込む未来を想像して設計されているのも、時間による自然の移ろいも演出の一部と考えるバワの建築ならではです。
「天空の城ラピュタ」のモデルにもなったこのホテルは、世界遺産シギリヤ・ロックからもアクセスがよく、文化三角地帯の世界遺産観光にも最適です。

ヘリダンス・カンダラマ

ヘリダンス・カンダラマに見るバワ建築のエッセンス

まるで自然と建造物の境界線さえ消えたかのような芸術的な設計を誇るヘリダンス・カンダラマは、まさにバワの建築の真骨頂です。
何気なく配置されたオブジェやアンティーク家具がお洒落で、まるで美術館の中にいるような気分に。

  • シギリヤ・ウィングの階段
    シギリヤ・ウィングの階段
    ホテルの象徴ともいえるシギリヤ・ウィングの階段。バワお気に入りのラキ・サナナヤキのオブジェが出迎えてくれます。このオブジェに限らず、バワこだわりのオブジェやお洒落なインテリアがホテルの各所に配置されており、館内はまるで美術館のよう。
    この場所から美しい緑の蔦に覆われたホテルの様子が見て取れます。やがてこの緑の蔦に埋め込まれていく未来を描いたバワのビジョンに脱帽します。
  • インフィニティ・プール
    インフィニティ・プール
    今や高級リゾートの代名詞ともいえるインフィニティ・プールが初めて作られた場所。
    目の前のカンダラマ湖と空の境界線に溶け込むようなプールに体を浮かべて自然と一体になれる心地よい時間をお楽しみ下さい。
    プール・サイドでは民族舞踊も行われるため、シギリヤの民族文化も深く知ることが出来ます。
  • バワのお気に入りの椅子
    バワのお気に入りの椅子
    ヘリダンス・カンダラマに限らず、リゾートの中でバワが特に好きだった場所に椅子が置かれているのがバワ・リゾートの特徴。ヘリダンス・カンダラマでは、カンダラマ湖ごしにシギリヤ・ロックの眺望が出来るこの場所を愛していました。ぜひ椅子に腰掛けて、バワの愛した世界でも唯一無二の風景をお楽しみください。

ヘリダンス・カンダラマのホテル設備のご案内

西洋と東洋の融合をコンセプトに考えるバワの建築では、スリランカ伝統の建築様式を大切にしながら、西洋の最新設備もさりげなく完備しており、宿泊客に快適なリゾート滞在を可能にしています。

  • KANCHANA RESTAURANT
    KANCHANA RESTAURANT
    バワの設計ならではの美しい自然を望むメイン・ダイニング。伝統スリランカ料理をはじめ、国際色豊かなオーガニック料理が楽しめます。
    また自然を活かしたバワ・リゾートならではの洞窟内でのお洒落なプライベート・ディナーも用意されています。
  • KACHCHAN BAR
    KACHCHAN BAR
    ヘリダンス・カンダラマでの特別な夜は、ピアノの音色がロマンティックなムードを演出するKACHCHAN BARでのひと時はいかがでしょうか。バワ・リゾートの特徴である白と黒のコントラストを活かしたシックな雰囲気のBARで、地元の食材をつかった逸品によく会うオリジナル・カクテルと一緒に、大人の上質な時間に酔ってみませんか?
  • シックスセンシズ・スパ
    シックスセンシズ・スパ
    世界のセレブが愛用するシックスセンシズ・スパ。緑の蔦の間から差し込む心地よい自然光の中で、本格スパのひと時をお楽しみ下さい。
    天然ハーブを用いたシックスセンシズのオーガニック・トリートメントに加えて、スリランカらしいアーユル・ヴェーダが加わった極上のスパをご用意しています。

ヘリダンス・カンダラマの客室

客室のグレードは、デラックスルーム(ジャグジー付)>ラグジュアリールーム(バスタブ付)>スーペリアルーム(バスタブなし)の順で良くなります。

  • 客室
    客室
    シンプルで洗練された上品な雰囲気の客室。木造ならではの温かみを感じる造りは、自然との共生を大切にするバワ・リゾートならでは。お部屋からは緑豊かな密林の風景を望みます。テラスに出て、ジャングルの新鮮な空気とともに自然に溶け込む贅沢な時間をお過ごし下さい。
  • ジャグジーバス
    ジャグジーバス
    最高級カテゴリーのデラックス・ルームではジャグジーでの優雅なひと時をお楽しみ頂けます。ガラス張りの窓からジャングルを眺めながら、昼間からジャグジーでシャンパンを楽しむ。この上ない贅沢なリゾート滞在です。
  • 自分だけのお気に入りの場所
    自分だけのお気に入りの場所
    美しい自然に溶け込むように設計されたヘリダンス・カンダラマの開放的な雰囲気は、客室以外にも居心地のよい場所が多数あります。インフィニティー・プールサイド、オープン・テラス、KACHCHAN BAR、階段の踊り場、バルコニー…。きっと見つかる自分だけのお気に入りの場所で、バワ・リゾートの世界をお楽しみ下さい。
   

ヘリダンス・カンダラマの予約・お問い合わせ

代表者様のお名前
ご連絡先:メールアドレス
ご希望のホテル
お問い合わせ内容:
ヘリダンス・カンダラマの客室
インド洋に浮かぶバワ・リゾート:ジェットウィング ライトハウス ジェットウィング ライトハウスの客室 インド洋を望む絶景 Cinnamon Room ジェットウィング ライトハウスの客室 ジェットウィング ライトハウスの客室 ジェットウィング ライトハウスの客室テラス ジェットウィング ライトハウスの客室バスタブ スリランカの歴史を描くらせん階段 インド洋に浮かぶ絶景と椅子

ジェットウィング ライトハウス

晩年のジェフリー・バワが最も愛したリゾート

インド洋に面した世界遺産都市ゴール旧市街から2kmほど離れた、岬に位置する人気のラグジュアリーホテル。晩年のバワが最も愛したホテルであり、この場所からインド洋に沈む夕暮れを眺め、たびたび涙したと言われています。
バワはこの地に降り立ったときに船のインスピレーションが浮かんだため、ホテル全体がインド洋に浮かぶ一艘の船のようなデザインをしています。
インド洋沿岸のダイナミックな地形を活かした設計のホテルの敷地内を散策していると、今自分が何階にいるのか分からなくなります。バワ建築ならではの優美な回廊も必見です。
ゴールの街のシンボルである白い灯台を模したことから、「ライトハウス」という名がつけられています。

ジェットウィング ライトハウス

ジェットウィング ライトハウスに見るバワ建築のエッセンス

ヘリダンス・カンダラマが「山との融合」であれば、ジェットウィングは「海との融合」を最大限演出する造りになっています。
ダイナミックなインド洋と建造物が織り成す一つの完成形であるジェットウィングは、バワ芸術の晩年の集大成です。

  • 螺旋階段
    スリランカの歴史を描くらせん階段
    エントランスから入ったらせん階段には、ポルトガル兵がスリランカに攻め入りキャンディ王朝を支配する戦いの歴史を描いた、友人ラキ・セナナヤケ作の彫刻が立ち並びます。
    この薄暗いらせん階段を抜けると、目の前にダイナミックなインド洋を望む光に満ちたテラス広がります。バワのドラマティックな「光と影の演出」は、おもわず言葉を失う感動です!
  • 芝生とプール
    芝生とプール
    青々とした芝生と無機質に転がる岩々と、オアシスのように広がる美しいプール。もちろん自然と一体感を感じるインフィニティー・プールです。生命の力強さを感じるインド洋の絶景を眺めながら、プールサイド・バーでの心地よいひと時をお過ごし下さい。
  • バワのお気に入りの椅子
    バワのお気に入りの椅子
    目の前にインド洋が広がるテラス。晩年のバワはここからインド洋に沈む夕陽を特に愛し、オレンジ色に染まる黄昏時の静寂なひと時に涙を流したようです。
    荒々しい波がテラスに打ちつけられる力強いインド洋と、素朴な椅子の対比。バワ芸術のコントラストの妙に趣深さを感じます。

ジェットウィング ライトハウスのホテル設備のご案内

オープンテラスの開放的なレストランや、お洒落な南国BAR、アーユル・ヴェーダ・スパなどリゾートホテルならではの設備も完備。
海洋貿易で栄えたゴールの歴史を象徴するように、中国、ポルトガル、モロッコをテーマにしたユニークなスイート・ルームも備えています。

  • Cinnamon Room
    Cinnamon Room
    ダイナミックなインド洋が目の前に広がるメインダイニング。心地よい潮風と力強い波音を感じる開放的なテラスで、新鮮なインド洋のシーフードを使用したフュージョン料理をお楽しみ頂けます。
    夕食後はロビーでのキャンディアン・ダンスもおすすめ。インド洋を背景に繰り広げられる力強く、そしてエスニックな舞踊の鑑賞は、この場所だけで味わえる感動です。
  • アーユル・ヴェーダ
    アーユル・ヴェーダ・スパ
    バワの弟子がデザインされた洗練されたデザインのスパ施設。インド洋の心地よい波音に揺られながら贅沢なスパのひと時をお過ごし下さい。
    スリランカならではのアーユル・ヴェーダの世界に浸り、心と体の健康を美しく磨いてください。インド洋に溶け込むような、ヨガや瞑想などの美容プログラムもおすすめです。
  • 客室
    南国の開放的な雰囲気がある客室
    ランプ型の間接照明や木製家具がお洒落なデザインのホテル客室。南国らしい色鮮やかな色彩を使用した開放的な雰囲気です。
    全室プライベート・バルコニーを備えているため、インド洋の心地よい波音を聞きながら、優雅な「ぐうたら」なひと時をお過ごし頂けます。
    バスタブも備えているため、旅の疲れを心地よく癒すことも出来ます。
   

ジェットウィング ライトハウスの予約・お問い合わせ

代表者様のお名前
ご連絡先:メールアドレス
ご希望のホテル
お問い合わせ内容:
ジェットウィング ライトハウス
ジェットウィング ラグーンの代名詞である巨大なプール バワが愛したジェットウィング ラグーンのシンボルツリー「テンプルフラワーの木」 アーユル・ヴェーダ・スパ バワ・スイート バワ・ルーム バワ・ルームのバスタブ ネゴンボ湖を眺めるロマンティック・ディナー アーユル・ヴェーダ・スパ 穏やかなネゴンボ湖でのアクティビティも楽しめます ジェットウィング ラグーン

ジェットウィング ラグーン

バワの意思を継承する、5つ星のオーシャンリゾート

ネゴンボにある美しい黄金ビーチに面した5つ星リゾート。バワの基礎設計に加え、そのコンセプトを引きついた愛弟子が近代的なスリランカの建築様式を融合させた、モダンな香り漂うオーシャンリゾートです。
その名前が示すように穏やかなラグーンに面するため、爽やかな海の香りとともに優雅な休日をお過ごし頂けます。ホテルの代名詞である、エントランス入ってすぐの長さ100mのプールは圧巻です!
スリランカの西海岸にあるネゴンボは、スリランカの空港から約7kmに位置する玄関口の街であり、初日や最終日の滞在におすすめ。シギリヤ・ロックやキャンディなどスリランカ中央部への観光へのアクセスも便利なため、ビーチも世界遺産観光も楽しみたい方の滞在におすすめできるバワ・リゾートです。

ジェットウィング ラグーン

ジェットウィング ラグーンのホテル設備のご案内

ジェフリー・バワが初めて手がけたホテル設計であるため、バワの初期の作風を感じることが出来ます。
一度は老朽化により閉鎖したこのホテルですが、バワのコンセプトを引き継いだ愛弟子によって5つ星リゾートとして快適な近代ホテルにリニューアルされました。

  • 100mのプール
    100mのプール
    ホテルの象徴ともいえる巨大な100mのプール。その名前が示すように美しいラグーン海のように美しいプールです。ヤシの木やブーゲンビリアに囲まれた南国風の開放的な空間で、優雅な休日をお過ごし下さい。
    黄金のビーチと呼ばれるネゴンボ・ビーチにも客室から直接向かうことが出来ます。
  • The beach Spa
    ホテル レストラン
    ホテルには2つのレストランが用意されています。新鮮なシーフードを使用したスリランカの郷土料理や多国籍料理をお楽しみ頂けます。
    事前予約限定で、地元ネゴンボの人々が小船で行きかう穏やかな湖畔に夕陽が沈み行く風景を眺めながら、ロマンティックなプライベート・ディナーもお楽しみ頂けます。
  • アーユル・ヴェーダ・スパ
    アーユル・ヴェーダ・スパ
    最新の設備が整ったアーユル・ヴェーダ施設。アーユル・ヴェーダの専属医も常駐するため、自分のドーシャ(体質)にあった最適なメニューが選択できます。
    シロダラやアビアンガムなど多彩なメニューが揃っているため、神秘のアーユル・ヴェーダの世界にゆっくりと浸ることが出来ます。

ジェットウィング ラグーンの客室設備のご案内

全室オーシャン・ビューの快適なお部屋で、ネゴンボ・ビーチにに直結。窓から吹き込む心地よい海風を感じながら快適な滞在をお楽しみ頂けます。
アメニティーの容器はリサイクル可能なエコ仕様。地域との共生をコンセプトにする、バワならではエコロジーな滞在が可能です。

  • バワ・スイート
    バワ・スイート
    バワのオリジナル設計がそのままの形で残っている数少ない建物で、バワのコンセプトである「光と影」のコントラストが楽しめる最高級のスイート・ルーム。独立棟で成り立っており、風の吹き抜ける1階のエントランスと快適な広さの2階のメインルームから成り立ちます。バスタブも付いており、優雅な滞在をお楽しみ頂けます。
  • 最高に贅沢なバスタイム
    バワ・ルーム
    デラックス・ルームよりも広々とした客室。シンボライズした樹木を配置するバワ・リゾートらしく、窓からはバワが愛したこのホテルのシンボルツリー「テンプルフラワーの木」をテラスを眺める事が出来ます。
    バワが眺めた風景を楽しみながら快適なホテル滞在をお楽しみ下さい。
  • デラックス・ルーム
    デラックス・ルーム
    最もスタンダードな部屋タイプ。お部屋からは風光明媚なネゴンボ・ビーチや庭園の様子が見て取れます。バスルームは半屋外に位置し、バスタブ付。
    リーズナブルな価格でバワ・リゾートに宿泊を希望される方におすすめです。
   

ジェットウィング ラグーンの予約・お問い合わせ

代表者様のお名前
ご連絡先:メールアドレス
ご希望のホテル
お問い合わせ内容:
ジェットウィング ラグーンの客室
HISオススメのアグラ旅行

ジェフリー・バワ

スリランカが生んだ稀代の天才建築家

トロピカル建築の第一人者として、世界の建築家から敬愛を受ける天才建築家ジェフリー・バワ。
コロンボの裕福な家庭に生まれ、イギリスのケンブリッジ大学で法律を学んだ彼は、27歳の世界旅行の過程で建築に目覚めます。建築家のキャリアとしては意外にも38歳と遅咲きでしたが、彼独自の感性と世界観から生み出された「トロピカル建築」と呼ばれる様式は、世界のアマン・リゾーツを始め、後のリゾート建築史に大きな影響を与えました。現在の主流トレンドとされている建築様式も、元をたどればジェフリー・バワが生み出したトロピカル建築にたどり着きます。
世界各国を旅したジェフリー・バワは、東洋・西洋を問わず多様な価値観や伝統文化、そして建築様式に感銘を受けました。またバワ自身が同性愛者であり、フラットな恋愛価値観を持っていたいました。
そういったジェフリ・バワの人生背景が、常識や既成概念にとらわれない、常にニュートラルで自由闊達な世界観を形成し、東洋と西洋や男と女、人と動物、そして建物と自然の境界線さえ無くした、全てを一つとしてみる建築様式を完成させたのかもしれません。

ジェフリー・バワ
  

ジェフリー・バワの建築巡り

コロンボには、ジェフリー・バワがその生涯をかけて築き上げた、こだわりの理想郷であるバワの私邸が点在します。
多くのホテル・リゾートの設計を手かげてたバワですが、私邸の場合は、バワ自身のより自由奔放な強い個性とこだわりが反映されています。
バワゆかりの建築を巡り、バワの独創的で自由闊達な世界観をより深く感じてみましょう。

  • ルヌガンガ

    ルヌガンガ

    ジェフリー・バワのこだわりが描かれた理想郷

    コロンボから車で2時間、市街の喧騒を離れた閑静な田園風景に、バワ終焉の地「ルヌガンガ」があります。バワはこの邸宅と湖を見渡す小高い丘に眠っています。
    天才建築家バワが、その生涯をかけて作り上げた理想郷ルヌガンガには、敷地のデザインから建物の設計から、アンティークや彫刻オブジェ、インテリアに至るまで、バワのこだわりが溢れて、どこを散策しても彼の世界観と息吹を感じられます。
    特に25エーカーの広さを誇る庭園の美しさは見事。静かな湖畔が見える緑香る庭園には、小鳥やリスが暮らす平和な世界が広がります。世界で一番美しい庭園でバワの息吹を感じてみてはいかがでしょうか。
    バワ建築で見られる設計コンセプトや建築アイデアの原型がこのルヌガンガにあり、今も未完成のまま残るルヌガンガには、ジェフリー・バワの夢と理想が色あせることなく残っています。

    緑香る庭園

    ジェフリー・バワからのおもてなし

    バワはこのルヌガンガで、彼のプライベートな友人たちと週末で過ごしたようです。ルヌガンガに訪れることは、バワの邸宅に招待され気の置けないゲストに対するおもてなしを受けることを意味します。
    現在はゲストルームのうち6部屋がホテルとして宿泊できます。ぜひ宿泊をして、バワが愛したレシピを再現しているルヌガンガ・カレーを味わってみたり、朝の美しい日差しが差し込む緑香る庭園を散策したり、バワのプライベートな生活ライフの一面に出会ってみてはいかがでしょうか?

    アクセス
    Dedduwa Lake, Bentota(コロンボから車で2時間)
    見学時間
    9時~18時
    観光時間目安
    1時間~2時間
  • ナンバー11

    ナンバー11

    バワ・ファンであれば必ず訪れたいバワの自邸!

    生前のバワが平日暮らしていた大邸宅。週末の別荘であったルヌガンガ同様、このNo.11にも生涯をかけて自分の理想を築きあげていきました。
    多くのホテルの設計を手かげており、リゾート建築に大きな影響を与えたバワですが、私邸の場合は、よりバワ自身の強い個性とこだわりが反映されています。ヘリダンス・カンダラマにもあるラキ・セナナヤケのフクロウの彫刻オブジェや、ドナルド・フレンドが描いた絵画など彼の友人の作品が多く点在しています。
    回廊で繋がれたリビングや、海を望むテラスなどバワ建築の神髄が至る所に隠されています。世界の建築家が敬愛するジェフリー・バワの建築の原点が、このナンバー11にあります。

    リビング

    リビング

    中庭へと続くリビング。建物の内側と外側の境界線が存在せず、自然と一体感になるバワ・リゾートの特色が描かれています。バワのこだわりが詰まった空間には、椅子や机などの調度品から、家具に至るまでバワが選びぬいた品々が揃います。

    住所:行き方
    No.11 33rd lane, Bagatelle Rd(コロンボから車で1時間)
    営業時間
    9時~18時(季節によって変更あり)
    観光時間目安
    1時間~2時間
  

HISおすすめの宮殿ホテル滞在ツアー

  • ナンバー11訪問観光

    ナンバー11.訪問観光

    コロンボ市内にある生前のバワの住居であるナンバー11をたずねて、ジェフリー・バワの世界観を感じましょう。日本語ガイドががご案内するため、より深くジェフリー・バワの建築様式や歴史背景について知ることが出来ます。

    大人代金50USD

  • ルヌガンガ滞在

    ルヌガンガ観光

    コロンボ郊外に位置するジェフリー・バワの理想郷ルヌガンガを、半日で効率よく観光。
    コロンボからアクセスが難しいルヌガンガまで専用車で安心、快適に送迎します。洗練された私邸の建築や美しい庭園観光もご案内。

    大人代金150USD

お客様に最適なバワ・リゾートをご案内します。
現地スリランカ情報のご案内
現地スリランカの支店スタッフならではの、
最新で的確なバワ・リゾート情報でお届けいたします。

お客様の旅行目的や行程プラン、お好みにあった最適なバワ・リゾートの滞在プランをHISスリランカ支店の専門コンシェルジュがご提案致します。バワ・リゾートの予約手配以外にも、ガイドや専用送迎車、世界遺産観光の日帰りツアーなど、充実のスリランカ旅行プランをご用意いたします。
まずは無料でお気軽にお問い合わせ下さい。

お名前:
メールアドレス:
ご希望のホテル
お問い合わせ内容: