ヤンゴン旅行情報 | 観光スポット・ホテル・レストラン紹介

H.I.S.ミャンマー支店TOP > ヤンゴン旅行情報

ヤンゴン旅行のご案内

ミャンマー最大の経済都市「ヤンゴン」。イギリス統治時代の洗練されたコロニアル建造物が随所に残っておりノスタルジックな雰囲気を残す一方で、発展著しく高層ビルやマンション、高級ホテルが多く建設され、過去と現代が融合するミャンマー屈指の経済都市です。
その中で常に金色の輝きを放つシュエダゴン・パゴダは、ヤンゴンのシンボルとして今日も多くのミャンマー人の心の支えになっています。仏教のイメージが強いですが、ダウンタウンにはパゴダと隣り合うようにキリスト教会、イスラムモスク、ヒンズー教寺院、ユダヤ教シナゴーグがあり、まさに宗教の交差点となっており、様々な文化のるつぼでもあります。

H.I.S.ヤンゴン支店のご案内

H.I.S.ヤンゴン支店
主な取り扱い業務
日帰りツアー手配/レストラン・スパ手配/
航空券手配/ホテル手配/専用送迎車/
団体・視察旅行/スタディーツアー/
ガイド・通訳/他、ミャンマー旅行に関する事
支店電話番号
(+95)-1-553767
住所
#206, 2nd Floor, No.66, Yuzana Tower, Shwegondaing Road, Bahan Township,
営業時間
平日:09:00~17:00/土曜日:09:00~13:00
お名前:
メールアドレス:
お問い合わせ内容:

H.I.S.おすすめのヤンゴン市内観光ツアー

ミャンマーのシンボルスポット「シュエダゴン・パゴダ」を初めて、多様な表情を持つミャンマーの市内観光に日本語ガイドがご案内します!
民族、文化、宗教が混じり合い、活気あふれるヤンゴンの歴史と伝統に触れる旅へ出かけましょう。

その他の日帰り観光ツアーを探す

ヤンゴン郊外観光ツアー

せっかくのミャンマー旅行、ヤンゴンから少し足を伸ばして、さらに魅力あふれる絶景スポットに訪れましょう。
落ちそうで落ちない神秘的な黄金の岩「ゴールデン・ロック」やビルマの竪琴の舞台にもなったミャンマーの古都「バゴー」、世界三大仏教遺跡「バガン遺跡」など、祈りの大地ミャンマーに息づく感動の絶景スポットへと、効率よくご案内します。

その他の日帰り観光ツアーを探す

ヤンゴンで人気のホテル

かつて英国植民地であったヤンゴンには、当時のコロニアル建築を利用したお洒落なホテルが多数揃っています。
最先端のシティホテルから伝統的なブティックホテルまで、旅の目的とお好みにあわせた最適なホテルをお探し下さい。

その他の人気ホテルを探す

ヤンゴン人気のレストラン

多民族国家のミャンマーは食文化も多種多様。高級レストランから伝統ビルマ料理まで、バラエティ豊かな美食グルメが揃います。
最も広く食べられているのはビルマ料理。スパイスと香辛料を使ったマイルドなカレーに野菜料理の組み合わせが基本のローカルフード。
日本人に人気なのが油の量が少なめであっさりした味付けの北部シャン地方の郷土料理。特にお米の麺を使ったシャンヌードルは絶品です。

 
H.I.S.オススメのデリー旅行

ヤンゴンのおすすめ観光エリア

エーヤワディー川の畔に位置するミャンマー経済の中心地ヤンゴン。
「戦いの終わりの都」を意味する歴史香る街ヤンゴンは、壮麗な仏教建築や瀟洒なコロニアル建築など、多様な魅力にあふれています。
まずは街の喧騒を見下ろす黄金のパゴダ「シェダゴン・パゴダ」から、ヤンゴン観光を始めましょう

  • シェダゴン・パゴダ

    シェダゴン・パゴダ

    2500年の歴史を持つ黄金に輝く仏塔

    高さ100m、広さが東京ドームの1.5倍。使われたダイヤモンドは約4000個という、壮大なスケールのシェダゴン・パゴダはミャンマー仏教の総本山であり、熱心な祈りを捧げる参拝者たちで賑わいみせる黄金寺院です。
    境内には無数のパゴダや祠が林立しており、民族や州ごとに仏像や精霊が祀られています。休日になればお弁当や昼寝を楽しむ家族や、菩提樹で愛をささやき合うカップルなど、ヤンゴン市民にとっての憩いの場所になります。
    黄金と宝石で彩られた煌びやかなシェダゴン・パゴダはミャンマー人が一番大切にしている場所であり、誇りでもあります。

    ライトアップされたシェダゴン・パゴダ

    ライトアップされたシェダゴン・パゴダ

    夜になるとライトアップされ、黄金に輝くシェダゴン・パゴダが夜空に浮かび上がります。仏塔のまわりで幻想的に揺れる、人々の祈りを灯したロウソクもまた神秘的な風景。
    気温が下がり涼しくなった夜。ひんやりとした神聖な空気に包まれたシェダゴン・パゴダで、星明かりに浮かび上がる黄金の仏塔に祈りを捧げてみてはいかがでしょうか。

    住所:行き方
    スーレーパゴダから車で15分
    営業時間
    05:00~21:00
    入場料
    8000K
    観光時間目安
    3時間~4時間
    注意事項
    ハーフパンツ、タンクトップ、土足、靴下は厳禁です。
    また参道より上には売店はないため、水分を持参しましょう。
  • ボージョー・アウンサン・マーケット

    ボージョー・アウンサン・マーケット

    ミャンマー最大の規模を誇るローカル市場

    1926年に建てられたイギリス風のコロニアル建造物の中に、宝石屋や貴金属や、民俗衣装屋、お土産物屋が所狭しと並ぶ、ヤンゴン最大のローカルショッピングマーケットです。
    山岳民族のエスニックな柄がかわいい手芸織物や、日本人に人気のクッキー専門店、ユニークな柄のTシャツショップ、タナカのブランドコスメなど、多種多様なお店が1800点以上も入居しており、ヤンゴンでのお土産探しの際には必ず立ち寄る定番の観光スポットです。
    屋根付きのため、雨の日でも安心してお買い物を楽しめます。

    ミャンマーの民族衣装ロンジー

    民族衣装ロンジーを作ろう

    ミャンマーのカラフルで美しい伝統衣装といえばロンジー。ミャンマーの流行の変化を反映するロンジーは、ミャンマー女性のファッションに欠かせません。
    そのお洒落なロンジーがこのボージョー・アウンサン・マーケットでリーズナブルにオーダーメイドが可能。自分のお好みの柄をシルエットピッタリに仕立ててもらえます。下だけであれば、早ければ1日で完成できます。
    マーケットで見つけたタナカ・コスメをつけて、ロンジーに着替えてヤンゴンの街を歩けば気分はすっかりヤンゴンっ子です♪

    住所:行き方
    スーレー・パゴダから車で10分
    営業時間
    9:00~17:00(毎週月曜日は閉館)
    注意事項
    市場には冷房は効いていないため、涼しく歩きやすい服装で散策しましょう。
  • 珠玉の仏教名刹に出会う旅:チャウタッジー寝釈迦仏

    チャウタッジー寝釈迦仏

    珠玉の仏教名刹に出会う旅

    シェダゴン・パゴダ以外にも多彩なパゴダが揃う街ヤンゴン。時代や宗派によってその建築様式や彫刻の趣が異なる仏像が並んでおり、ヤンゴンの歴史を静かに物語っています。
    特に有名なのが、全長70m、高さ17mの巨大な寝釈迦像が印象的なチャウッターヂー・パゴダ。優しげな表情で訪れる参拝者を見下ろす、優美に横たわる寝釈迦像の姿は、えも言われぬ安らかな気持ちになれます。
    マニキュアで装飾された長い指、長いマツゲとガラスで造られ得た綺麗な瞳、繊細なガラスモザイクで飾られた袈裟など、優美な女性のようなお姿からも、ミャンマーならではのこだわりを感じる事が出来ます。

    チャウッターヂー・パゴダの寝釈迦像の足の裏

    寝釈迦像の足の裏

    寝釈迦像の足の裏には、仏教宇宙観図が描かれた108つの繊細なレリーフが刻まれています。人々の信仰が刻まれた足の模様は圧巻です。
    寝釈迦像の周りには仏陀の一生にわたる歴史がわかりやすく描かれています。絵の一つ一つの意味を考えながら、ゆっくり観てまわることもおすすめです。

    行き方
    シェダゴン・パゴダから車で15分。
    営業時間
    5:00~21:00
    入場料
    無料
    観光時間目安
    約1時間
    注意事項
    敷地内に入る時点から裸足となります。土足、靴下、ストッキング不可。
  • 落ちそうで落ちない奇跡の黄金の岩「ゴールデン・ロック」

    ゴールデン・ロック

    落ちそうで落ちない神秘的な黄金の岩

    モン州の山奥に位置する静かな山里:チャイティーヨー。このチャイティーヨーに多くの旅行者が集まる理由、それが落ちそうで落ちない奇跡の黄金の岩「ゴールデン・ロック」を見るためです。
    標高1100mの山頂にある、今にも落ちそうなほど不安定な状態で鎮座している奇跡の岩「ゴールデン・ロック」。今まで起きた大地震にも落ちなかったこの不思議な岩には、巨大な自然の驚異を感じられずにはいられません。
    ヤンゴンを朝早く出発すれば日帰りも可能ですが、その行程はかなりハード。せっかくならチャイティーヨーに宿泊して、夜空に浮かび上がる神秘的な姿や朝焼けに照らされる神々しい姿など、時間とともに移り変わるゴールデン・ロックの表情をご堪能下さい。

    ミャンマー仏教屈指の巡礼地「ゴールデン・ロック」

    伝説に彩られたミャンマー仏教屈指の巡礼地

    不安定な状態で静止する巨岩の上に黄金の仏塔を抱くゴールデン・ロックには、数多くの不思議な伝説が残っています。
    かつてこの地にいた僧が、隠し持っていたブッダの聖髪を死の間際に息子のタトゥン王に委ね、王はその聖髪をこの不思議な岩の下に納め、奉りました。チャイティーヨーはビルマ語で「隠者の頭に乗乗せる」を意味し、ブッダの聖髪が納められたこの場所がミャンマー仏教屈指の巡礼地であることもうなずけます。
    ミャンマー人から篤い信仰を受けるゴールデン・ロックが落ちない理由、それがブッダの聖髪による不思議な力によるものというのも信じられそうな気がします。

    行き方
    ヤンゴンから北東へ180km
    入域料
    6000K
    観光時間目安
    1日~2日
    注意事項
    ゴールデン・ロックは神聖な祈りの場所。静かに参拝しましょう。
都市名
ヤンゴン
滞在目安
1~2日
チップ
基本は不要ですが、必要に応じてお渡し頂いて結構です。
両替に関して
日本では両替が出来ません。
両替可能な通貨は法律上USドル、ユーロ、日本円、シンガポールドル、マレーシアリンギット、タイバーツの6種類となります。両替する際、古い紙幣や折り目のある紙幣はレートが悪くなったり、両替自体ができない場合がございますので、新札の紙幣をご準備頂くことをお勧め致します。
現金を受け取ったら、枚数が正しいかをその場でチェックして下さい。
持参すると便利なもの
高温多湿な気候や旅の疲れから体調を壊す人も多いため、胃薬や整腸剤・下痢止めなど常備薬は持参することがオススメ。
トイレには紙が設置されていないことが多いため、ティッシュがあると便利。パゴダや寺院観光時は裸足になりますので、ウェットティッシュはマスト。
蚊が多いため、虫よけスプレーやムヒを持参することがオススメ。
VISA
観光目的で入国する場合は日本人は観光ビザ免除(2019年8月現在)
ベストシーズン
11~3月
観光シーズン
6~10月(雨季)
ヤンゴンは日本の梅雨のように日々太陽が出ず、シトシト雨の日が続きます。雨で新緑が生い茂る為、美しい景色が見られます。
11~2月(乾季)
カラッとした過ごしやすい天候が続き、雨が全く降らず、観光に最適のシーズン。1日の気温差が高いため、昼間は半袖で大丈夫ですが、朝晩には上着や防寒着が必要になります。
3~5月(暑季)
非常に暑い、猛暑の時期。乾季明け且つ雨季前で、水量が少ないため頻繁に停電が発生する。サングラスや長沢袖、防止やこまめな水分補給など熱中症対策がマスト。
服装
日差しが強いため、サングラス・日焼け止め・帽子など肌を守るアイテムが必須。道路が未舗装のため靴は歩きやすく、汚れても平気なものがベスト。
寺院観光では肌の露出をさけるため、ストールや長袖を用意しましょう。また靴は脱ぎやすい靴やサンダルがベスト。
空港から市内中心部
ダウンタウンエリアまでタクシーで約10,000Kyat
治安
穏やかな国民性のため一般的に治安は良いが、近年は観光地を中心にスリや置き引きも起こっています。
深夜に一人でタクシー乗車される場合は、荷台に誰かが隠れていないかを十分にチェックして下さい。
マナー
人にものを渡す際は、渡す手にもう一方の手を添えることが礼儀正しいとされています。
小さな子どもの頭をなでることは失礼にあたります。
寺院散策
ミャンマーの寺院や僧院を観光する場合、敷地内に入る時点から裸足となります。土足、靴下、ストッキング不可となります。屋外を歩くこともございますので、ウェットティッシュがあると便利です。
寺院・僧院には短いスカート、ひざ上のショートパンツ、ノースリーブ等の露出の多い服装ですと入場拒否されますのでご注意ください。
衛生面
ミャンマーは衛生事情が悪い面があります。体調管理や感染に注意し、風邪・下痢には万全の対策を行いましょう。
またデング熱・狂犬病などにも気をつけましょう。
お客様に最適なヤンゴン旅行をご案内します。
現地ヤンゴン情報のご案内
現地ヤンゴン支店スタッフならではの、
最新で的確なミャンマー旅行情報でお届けいたします。

ヤンゴンの日帰り観光ツアーやレストラン・スパの代行予約はもちろん、ヤンゴン発のミャンマー国内ツアー・航空券・ホテルの予約手配、専用車・ガイドの手配まで、お客様一人ひとりの旅行の目的にあった最適なプランを、現地の専門スタッフが提案・お見積もりいたします。
視察・市場見学の手配も行っていますので、お見積もり等のご相談もお気軽にお問い合わせ下さい。

お名前:
メールアドレス:
お問い合わせ内容: