モルディブリゾートのご紹介

  • Soneva Jani

    Soneva Jani

    オーナーの遊び心がいっぱいつまった究極の水上ヴィラリゾート。
    ベットルームから眺める満天の星空とともに幸せな眠りにつく、
    そんな贅沢な夜をお過ごしいただけます。
  • Four Seasons Resort

    Four Seasons Resort
    at Kuda Huraa

    カップルやファミリーに理想的な高級リゾート・ホテル。
    ターコイズブルーの海に浮かぶ魅力あふれる島には、1年中ブーゲンビリアが咲き誇りトロピカル気分満点。
  • Hurawalhi Resort

    Hurawalhi Resort

    世界最大級の水中レストランを誇るリゾート。
    15歳未満は宿泊禁止の為、「静寂に包まれた空間」でゆっくりとモルディブでの休日をお過ごし頂くことが出来ます。
  • The Residence Maldives

    The Residence Maldives

    世界一大きく深いガーフアリフ環礁にあるので、シュノーケリングやダイビングを楽しみたい方にもおすすめ。
    広々とした客室は、別荘のような感覚で、贅沢な休日をお過ごし頂けます。
  • Constance Halaveli

    Constance Halaveli

    水上コテージまで続くモルディブ最長の長さを誇る桟橋を歩いたときから、
    コンスタンス ハラヴェリでのセレブリティな休日が始まります。
    スタイリッシュなデザインの客室は全室プール付きで豪華。
  • Dhigali Maldives

    Dhigali Maldives

    手付かずの自然が多く残るラア環礁にあるリゾート。
    クリスタルブルーの海岸線に点在するヴィラと、水上コテージはどちらもそれぞれよさがあり、絶景を満喫することができます。
  • Taj Exotica Resort

    Taj Exotica Resort

    落ち着いたシックなリゾート内にはお客様のロマンティックな夢を叶えるすべてが詰まっており、カップルに理想的のリゾート。
    朝食からすべてアラカルトスタイルのお食事はモルディブ随一の評判です。

モルディブは、サンスクリット語で「島々の花輪」を意味するリゾートです。
珊瑚礁が美しいインド洋にちりばめられた1200あまりの島々のうち、90ほどのリゾート島。1島に1つのリゾートしかなく、島そのものがホテルという贅沢な空間が広がります。しかも部屋数は50~70と少ないところがほとんどで、他の国では考えられないほどプライベート感覚でくつろげるため、ハネムーナーにも人気です。
限りなく透明に近いラグーン、真っ白なサンドカーテン、どこまでも澄み渡る青空、うっとりするほどロマンティックなサンセット、零れ落ちそうな星空…。目に映る全ての景色が美しいモルディブは、まさに夢に描いていた憧れのリゾート。
そこは極上の休日を過ごすにふさわしい地上の楽園です。

モルディブ旅行はH.I.S.にお任せ下さい!

H.I.S.モルディブ支店

旅の目的や日程に応じて、お客様に最適なモルディブ旅行プランをお見積り致します。
まずは無料でお気軽にご相談下さい。

お名前:
メールアドレス:
ご希望のリゾート名
お問い合わせ内容:

美しいリゾートを舞台にした、贅沢な休日の物語。

ソネバジャニの水上ヴィラ ソネバジャニの水上ヴィラ ソネバジャニの水上ヴィラ ソネバジャニの水上ヴィラ ソネバジャニの水上ヴィラ

憧れの水上ヴィラ

Water Villa

1度は止まってみたい憧れの「水上ヴィラ」。海に浮かぶお部屋では、海を眺められるバスタブや、海の上に浮かぶハンモック、直接海へ降りる階段など、各リゾートごとに趣向を凝らした作りになっています。
実はプライベートプールがついた水上ヴィラはモルディブが発祥。
誰にも邪魔されないプライベートプールに浮かびながら美しいラグーンを眺めたり、プールサイドのサンデッキに寝転がり読書をしたり、夜になれは満天の星空の下でワイン片手に愛をささやきあってはいかがでしょうか。
モルディブならではの非日常空間が、ここにあります。

>>水上ヴィラが人気のリゾートはこちら
ソネバ・ジャニ
リゾート愛好家から絶大な人気を誇る最高級リゾート。
モルディブで初めて水上ヴィラの寝室を開閉式にしており、ベットルームから満天の星空を満喫できる贅沢な時間をお過ごし頂けます。
ソネバジャニの水上ヴィラ
サンドカーペット サンドカーペット サンドカーペット サンドカーペット サンドカーペット サンドカーペット サンドカーペット

素足で過ごしたい休日

Shoesless Vacation

モルディブでの滞在は、白亜の砂を敷き詰めた、パウダーサンドのカーペットが基本。木作りの桟橋を歩いてリゾートに上がる…その時からぜひとも靴を脱ぎ捨てて裸足で過ごす、開放的な休日をどうぞ。
天然のサンドカーペットに流木で作った手製テーブルを並べれば、そこはもう2人だけの特別なレストランシート。せっかくなので素足のまま柔らかな砂の感触を味わいながら「ロマンティックディナー」なんていかがでしょうか。
満天の星空の下、幻想的に揺らめくキャンドルの灯りが描くロマンティックな空間での贅沢ディナーはきっと一生の思い出になるはず。心地よい波音に包まれて、忘れられない素敵な夜をお過ごし下さい。

コンスタンス ハラヴェリ
H.I.S.のお客様限定の特典として、ビーチにお二人のための特別シートをご用意。
グラスシャンパンとカナッペをお楽み頂きながら、お2人だけのロマンティックな時をお過ごしください。
コンスタンス ハラヴェリ
水中レストラン 水中レストラン 水中レストラン 水中レストラン 水中レストラン

水中レストラン

Under Water Restaurant

今やモルディブの人気のレストランの代名詞となった「水中レストラン」。
トロピカルフィッシュが行きかう海に囲まれて、お食事をしたりカクテルを飲むという非日常を体験したい旅行者が世界中から集まります。
モルディブの透明な海の中で楽しむ、一流シェフが手掛ける料理の数々は、一生忘れられない経験になります。

>>水中レストランが人気のリゾートはこちら
フラワリアイランド
世界最大級のフラワリの水上レストラン。
水深5.8mにある水中レストランは、天井もガラス張りのため、モルディブの透明な海の中で食事をしていることがより実感できる造りになっています。
フラワリアイランド
海の大物とシュノーケリング 海の大物とシュノーケリング 海の大物とシュノーケリング 海の大物とシュノーケリング 海の大物とシュノーケリング 海の大物とシュノーケリング

海の大物とシュノーケリング

Activity

世界屈指の豊饒の海を誇るモルディブの島の周りでは、島々の周りをサンゴ礁が生息しているハウスリーフがあり、カラフルな熱帯魚や大物の魚に出会える絶好のシュノーケリング・スポット。
特にダイバーの憧れでもあるマンタは、巨大な羽をゆっくりと羽ばたかせて泳ぐ姿がカッコよく、出会えたときの感動は言葉にできません。
通常はダイビングでしかみれないいマンタですが、モルディブではシュノーケリングで見ることが出来ます。大物マンタが海の中をゆっくりと舞う姿は圧巻の一言。
普通のシュノーケリングでは味わえない、圧倒的なスケールを感じる体験を!

>>マンタスポットが人気のリゾートはこちら
フォーシーズンズ リゾート
リゾート内は豊富な極上のハウスリーフとその先に続くドロップオフのシュノーケリング天国。1年中マンタに会えるシュノーケリングPOINTまでアクセスも良好です。
コフォーシーズンズ リゾート
水中レストラン 水中レストラン 水中レストラン 水中レストラン 水中レストラン 水中レストラン 水中レストラン

フォトジェニックスポット

Photogenic

「インスタ映えスポット」の景色があちこちに広がるモルディブ。
水上ヴィラまで続く長い桟橋、透明な海に浮かぶハンモック、澄んだ青空に映えるトロピカルカクテル、黄昏がビーチサイドをロマンティックに染まるマジックアワー、滴るような星空が包み込む静寂な夜…。目に映る全てが絵画のように美しく、夢に思い描いていた理想のリゾートが広がるモルディブでの思い出を「写真」という形で残しませんか。
自分だけの居心地のいい特別な場所、きっと見つかるはずです。

ザ・レジデンス・モルディブ
姉妹ホテルまで続く海の上を行く1kmの長い桟橋。空と海の青の中、どこまでも続く真っ白の桟橋は、とてもフォトジェニック!
2つのリゾートの両施設を使えるため、よりお得感を感じれるのも嬉しいポイント。
フラワリアイランド

ご旅行の目的にあったモルディブリゾートをご紹介します。

ハネムーンにおすすめのリゾート

Honey Moon

カップル・夫婦におすすめのリゾート

Couple Trip

家族旅行におすすめのリゾート

Family Trip

ご旅行前に知っておきたいモルディブ基本情報。

モルディブの天候

温帯多湿の気候で年間の平均気温が26-33℃です。5~10月が雨季、11~4月が乾季でベストシーズンと言われています。
雨季、乾季に問わず熱帯特有のスコールが1日1~2回程ありますがそれ以外は日差しが強く日本の真夏のような感じです。

モルディブの通貨

モルディブの通貨はモルディブ・ルフィア(MRF)です リゾート、土産屋、空港等ではUS$の利用が可能です。
又クレジットカードの利用もほとんどの場所で可能なので現金はチップ等の小額のみで結構です。尚、両替は空港、各リゾートで可能です。

チップの習慣

モルディブではチップの習慣が御座います。
レストランでは食事代の10%、ポーターは荷物一つに付きUS$1、枕銭等はUS$1(1泊1名様)を目安にご用意下さいませ(※強制では御座いません)。
レストラン等によっては予めサービスチャージとして10%が含まれている所も御座います。
そのような場合はチップの必要は御座いません。

電圧とプラグ

電圧は220~240Vの為、日本から持参された電気機器のそのままの利用は難しくなっております。又プラグタイプもBFとなっております。
ホテル内で変圧器を用意しているホテルも御座いますが数が無い為ご自身で持参されるか、現地の電気機器を利用する事をお勧め致します。
プラグに関してはほとんどのリゾートでマルチプラグの用意があるので日本から持込んで頂いた物も利用頂けます。

お酒の持込

モルディブは厳格なイスラム国家の為、アルコールの持ち込みは一切不可となっております(豚肉も不可)。
リゾートに行けばアルコールは御座いますのでご安心下さいませ(マーレ本島には御座いません)。

お客様の旅も目的・ご予定にあわせた最適なモルディブ旅行を
H.I.S.の専門コンシェルジュがご提案いたします。
まずは無料でお気軽にH.I.S.までお問い合わせください。

代表者様のお名前
ご連絡先:メールアドレス
ご希望のリゾート名
お問い合わせ内容:
モルディブリゾート