世界遺産タージ・マハル観光|料金・行き方・見所・周辺情報

HIS インド支店TOP > 世界遺産タージ・マハル観光

  
  • インド建築の最高峰:タージ・マハル
  • ヤムナー河対岸から臨むタージ・マハルの夕焼け
  • サリーを着て、世界遺産タージマハル観光
  • 迎賓館から望むタージマハルの霊廟
  • 満月の夜にだけ出会える特別なタージ・マハル
  • タージマハルと共に優雅なホテル滞在:オベロイ・アグラ
  • インドを代表する最高級ホテル:オベロイ・アグラ
世界遺産タージ・マハル観光情報

世界遺産タージ・マハル

ムガル皇帝シャー・ジャハーンが最愛の王妃のために捧げた、この世で最も壮大で美しい「愛の墓標」タージ・マハル。
ロマンティックな伝説に彩られた大霊廟は、極限の美の追求のためにムガル建築の粋を集っており、贅の限りを尽くした豪華絢爛な建設物からは当時のムガル帝国の権威と皇帝シャー・ジャハーンの王妃への愛の深さがうかがい知れます。
日本人では想像もつかない壮大なスケールのムガル皇帝の愛の記憶が、今も色褪せることなく残る世界遺産タージ・マハルの旅へとご案内します。

世界遺産タージ・マハル

行き方・アクセス

  • タージ・マハルの行き方・アクセス

    タージ・マハルの行き方・アクセス

    首都デリーから南へ車で5時間の場所にある街 アグラが起点

    世界遺産タージ・マハルへは、首都デリーから200km南下した街アグラに位置します。
    アグラへは、デリーから車で片道で約4時間のアクセス。またインド最高速列車「ガティマン・エクスプレス」を利用すれば1時間40分で移動可能です。
    デリーからの日帰り観光も可能ですが、宿泊してゆっくりとアグラの世界遺産の観光を巡るのがおすすめです。
    アグラ・フォート駅からタージ・マハルまでは車で5分。東・西・南の3つの門がありますが、車やオートリクシャで乗り入れ可能なのは南門のみです。
    タージ・マハルは排気ガスの影響を考慮して、車での1km圏内の乗り入れは禁止されているため、入場ゲートまでは無料の電気自動車での移動となります。

    入場チケットの購入について

    東ゲートは大きな駐車場の隣がチケット売り場なので便利です。タージ・マハルの入場料は1000ルピーですが、ミネラルウォーター、シューズカバー、ミニマップ、チケット売り場からの送迎代金が含まれています。
    入り口では外国人観光客と国内観光の列は別ですので、注意が必要です。

タージ・マハルの見所・観光POINT

  • タージ・マハルの入場ゲート

    メイン・ゲート

    タージ・マハルの入場ゲート

    入場チケットを買い、手入れの行き届いた庭園を進むとまず現れるのが、赤砂岩と大理石で出来た高さ30m、3階建ての巨大な大楼門:メインゲート。
    左右対称のシンメトリーが美しい典型的なムガル・イスラム様式のメインゲート。中央アーチには黒大理石で記されたコーランの一部や世界各国の貴金属や宝石が刻まれており、石柱には繊細な花模様の幾何学模様や象嵌細工のアラベスクが施されています。

    メインゲートから望む白亜の大霊廟

    芸術的な象嵌細工が施された美しいゲート内を潜り抜けると、いよいよ姿を現すのが白亜の大霊廟タージ・マハル。
    メインゲートに切り取られて見えるタージ・マハルの姿もまた趣ある一面です。

    メインゲートから望む白亜の大霊廟
  • 白亜のタージ・マハルが一番美しく見えるチャールバーグ

    庭園:チャールバーグ

    白亜のタージ・マハルが一番美しく見える場所

    正門から霊廟へつながる、水を配したペルシャ様式の華やかな庭園。水路と園路で整然と区画された美しい庭園はコーランに説かれている楽園が表現されています。この場所からは、正面に望むタージ・マハルの霊廟の完璧なシンメトリーが最も美しく見え、多くの観光客が写真を撮っているスポットです。
    洗練された曲線美の白亜のドームの廟堂や、イスラム様式の4本のミナレット、そしてペルシャ式庭園の緻密に計算されたシンメトリー設計は、インド建築の最高峰の名に恥じない偉容と美しさを誇ります。

    タージ・マハル屈指の写真スポット

    ペルシャ様式の庭園から奥に続く白亜の大聖堂が青空に良く映えるこの場所は、タージ・マハルが特に美しく見える人気の写真スポット。サリーを着て記念の一枚を撮影下さい!
    運がよければ、水路に逆さ霊廟が写る奇跡の一枚が撮れるかもしれません。

    サリーを着てタージマハルで撮影
  • インド建築の最高峰と称される白亜の大霊廟

    白亜の大霊廟

    インド建築の最高峰と称される、この世で最も壮大な「愛の墓標」

    洗練された曲線美のドームが美しい白亜の大霊廟。ラジャスターン製の最良質の大理石の壁には、壮麗な象嵌細工のレリーフや世界各国の宝石の数々が刻まれています。
    皇帝シャー・ジャハーンが、この場所に眠る愛する王妃の記憶を永遠に留めるために、己の権力と贅の限りをかけて建設しただけあり、その威容と芸術性は「これぞ世界遺産!」という豪華絢爛を誇ります。
    靴を脱ぎ近くで霊廟を眺めると改めて、350年以上経った今も色褪せる事のない美しさを誇るタージ・マハルの存在感と壮麗さに、ムガル帝国の権威の大きさと皇帝の想いの強さを感じることが出来ます。

    大霊廟の美しさを最も象徴する正面アーチ

    細部にまでこだわり抜かれた壁面の白大理石には黒大理石で刻まれたコーランや象嵌細工など繊細なアラベスクが刻まれており、その芸術性の高さを感じられます。
    霊廟内部には皇帝と王妃の棺が寄り添うように仲良く眠っています。

    大霊廟の美しさを最も象徴する正面アーチ
  • 迎賓館

    迎賓館

    インド建築の最高峰と称される、この世で最も壮大な「愛の墓標」

    霊廟に向かって右側に立つ迎賓館。多くの人を迎え入れるために広い空間が設けられ、その天井にもイスラム様式の繊細な象嵌細工が施されています。この場所から眺めるタージ・マハルの大霊廟も趣のある美しい風景です。

    タージ・モスク

    霊廟に向かって左側(メッカのある西側)、迎賓館とは対象になるように造られたモスク。多くのイスラム教徒がこの場所でメッカに向かい祈りを捧げています。イスラム建築美が美しいアーチ型の天井には象嵌細工が施されており、エキゾチックな雰囲気のある空間が広がります。

    タージ・モスク

タージ・マハルの基本情報

住所
Agra 282001, India
行き方
アグラ・フォート駅から車で約5分
営業時間
日の出~19時まで
休日
毎週金曜日がお休みなので注意
入場料
大人:1000ルピー(約1600円)
15歳以下:無料
A.D.A.チケット
タージ・マハルで一度払えば、同日入場に限り、アグラ城・ファテープル・シークリーで入場料が無料。
観光シーズン
10~3月(乾季)
観光のベストシーズン。美しい青空が広がり、白亜のタージ・マハルが美しく生える季節。特に11~12月中旬は涼しくて観光しやすい時期です。
日中は非常に暑く観光客で混雑するため、涼しい午前中や夕暮れ時の観光がオススメです。
12月中旬~1月中旬にかけて濃霧が発生するため、市街からタージ・マハルが見えにくくなります。
3月~6月(暑季)
想像を超える暑さ。
タージ・マハルは日陰が少ないため、日傘などあると便利。水分補給が重要であり、体調管理にも要注意。日よけ、埃よけにサングラスや帽子などの日焼け止め対策が必要。
7月~9月(雨季)
雨が多く、観光に不向きなシーズン。空は曇っており、青空を背景にしたタージ・マハルを見たいのであれば、違ったシーズンがオススメです。
入場時の注意事項
撮影用の三脚、タバコ・ライター・マッチ、刃物、アメやガム等の食品は持ち込み不可
霊廟観光時の注意
墓廟であるということを忘れず、敬意を持って観光しましょう。観光時には靴を脱いで素足になるか、シューズカバーをつけるようにしましょう。
他都市からの移動時の注意点
デリーやヴァラナシなど他都市から電車やバスで移動する場合は、荷物の引ったくりや置き引き、集団窃盗に注意をしましょう。1等車~3等車には比較的リッチなインド人や観光客が乗っているため比較的に安心ですが、パスポート、現金、スマートフォンなどの貴重品の管理は厳重に行い、常に身に着けて置くようにしましょう。
お客様に最適なタージ・マハル旅行をご案内します。
現地インド情報のご案内
現地インドの支店スタッフならではの、
最新で的確なアグラ情報でお届けいたします。

世界遺産タージ・マハル観光ツアーをはじめ、インド国内旅行、航空券・ホテル・ガイド付専用車の手配など、お客様一人ひとりの旅行の目的にあった最適な旅行プランを現地の専門スタッフが提案・お見積もりいたします。まずは無料でお気軽にお問い合わせ下さい。

お名前:
メールアドレス:
お問い合わせ内容:
HIS オススメのアグラ旅行

おすすめのタージ・マハル絶景SPOT

皇帝シャー・ジャハーンが愛する王妃のために極限まで美を追求して、世界中からイスラム建築家や工芸家が呼び寄せて造らせた世界遺産タージマハル。
霊廟・庭園・尖塔から壁の模様に至るまで、緻密に計算されたシンメトリンクな様式のタージ・マハルは、「天上の楽園」を表現した優美さです。
時間・天候、見る角度と共に少しずつ表情を変えるタージ・マハルの、うっとりするような美しさを堪能しましょう。

時間によって移ろい変わるタージ・マハル

  • 神秘的な朝焼けのタージ・マハル

    早朝のタージ・マハル

    心地よく澄み渡る新鮮な朝もやの中で、神秘的な白亜のシルエットを浮かび上がらせる朝焼けのタージ・マハル。他の観光客が少なく、静寂な雰囲気のタージ・マハルをゆっくり観光できるためオススメの時間です。
    また風が穏やかであるため、庭園の水路に移る逆さタージ・マハルにも出会え易いです。
    基本的には暑くなる9時前までの観光が最適ですが、12月中旬~1月中旬は濃霧が出るため9時以降の観光がオススメです。

  • 青空に映えるタージ・マハル

    青空に映えるタージ・マハル

    午前10時頃から2時頃にかけては、澄み渡るような青空に映えるタージ・マハルに出会える時間です。美しい曲線を持つドームと、ドームを囲むように立つ4本のミナレットが一際美しく輝きます。
    350年以上経った今でも、繊細な彫刻や象嵌細工が色褪せることのない大理石の美しさを、最も感じる時間です。
    7月~9月にかけては、雨季のため曇り空が多い事から、青空とタージ・マハルを見たい場合は、その他のシーズンがオススメです。

  • 満月の夜に浮かび上がる神秘的なタージ・マハル

    満月の夜のタージ・マハル

    満月の日の前後の5日間は、夜間(午後8時~午前0時)のタージ・マハルの一部のエリアに人数限定で入場できます。
    青白い月下の光に照らされて、浮かび上がる幻想的なタージ・マハルの姿は、満月の夜にだけ会うことが出来る、この世で最も美しく神秘的な愛の墓標。一生の思い出に残る絶景、間違いなしです。

場所によって表情を変えるタージ・マハルに出会える絶景スポット

アグラ市内のお好みの場所から、自分の一番好きな角度のタージ・マハルを探す事もアグラ旅行の醍醐味の1つです。

  • アグラ城

    アグラ城

    幽閉された王が、亡き妻を思いタージ・マハルを眺めた場所

    タージ・マハルの建設後、皇位継承争いに負けたシャージャ・ハーンはアグラ城内にある八角の塔ムサンマン・ブルジュに幽閉されました。愛妃のため立てた塔内だけに内装も豪華絢爛です。
    この場所からはタージ・マハルを眺めることが出来ます。幽閉されたシャージャ・ハーンが亡き愛妃を偲びながら、この部屋から自ら建設したタージ・マハルを毎日眺めていたのも皮肉で感慨深いストーリーです。

    住所:行き方
    Rakabganj, Agra(タージ・マハルから車で約10分)
    営業時間
    日の出~日没
    入場料
    大人:550ルピー
  • 幻の黒い霊廟:メヘターブ・バーグ

    幻の黒い霊廟:メヘターブ・バーグ

    ヤムナー河の対岸にある幻の黒い霊廟から見るタージ・マハル。

    皇帝シャー・ジャハーンが眠る予定だったこの場所からは、タージ・マハルの全景を見ることが出来る公園。運がよければヤムナー河に移る逆さタージ・マハルに出会えることが出来、その神秘的な姿はうっとりするほど優美な美しさです。
    特に夕暮れ時にオレンジ色の神秘的なシルエットを浮かべるタージ・マハルはとてもノスタルジック。歴史にIFがあれば、皇帝シャー・ジャハーンがこの幻の黒い霊廟から、愛する王妃を永遠に見守っていたと考えると、とても哀愁漂う気持ちになります。

    住所:行き方
    Dharmapuri, Forest Colony,(タージ・マハルから車で約10分)
    営業時間
    日の出~日没
    入場料
    大人:200ルピー
  • タージ・ネイチャー・ウォーク

    タージ・ネイチャー・ウォーク

    白亜のドームが重なり合う神秘的なシルエット

    タージ・マハルから北東に約1kmの場所に位置する美しい公園。園内には美しい花々が咲き誇り、地元の人が憩いの場として、休日を過ごしています。
    この場所からは霊廟と迎賓館の互いのドームが重なり合う絶景を望みます。公園の緑滴る木々と、白亜のドーム、そして青空のコントラストが非常に美しい公園です。

    住所:行き方
    Taj East Gate Rd, East Gate Of Taj,(タージ・マハルから車で約5分)
    営業時間
    日の出~日没
    入場料
    大人:50ルピー

タージ・マハル周辺情報

アグラの街の至る場所から、角度を変えてその表情を見せる世界遺産タージ・マハル。
タージ・マハルを眺めながらのお食事や宿泊など、観光以外にもアグラでの滞在のひと時をお楽しみ頂ける周辺情報をご案内します。

タージ・マハルの周辺レストラン

  • 最高級ホテルが誇るインド料理専門店:イスファハン

    イスファハン

    ジ オベロイ アマールが誇るインド料理専門店

    最高級ホテルの「ジ オベロイ アマール」宿泊者限定!
    タージ・マハルを望む絶景のロケーションで、インド最高峰の本格ムガル料理をお楽しみ頂ける絶品レストラン。アグラ王朝伝統の生演奏と踊り子による伝統舞踊が演出するエキゾチックな雰囲気の中で、優雅なディナーのひと時をお楽しみ下さい。
    隣接するスタイリッシュなBARやティー・ラウンジで、タージ・マハルを眺めながらの贅沢なひと時もオススメです。

    住所:行き方
    Taj East Gate Rd, Paktola, Tajganj,(ジ オベロイ アマール内施設)
    営業時間
    18時~22時(完全予約制)
  • タージ・マハルを望むオープンテラスのレストラン:SKY-DECK

    SKY-DECK

    タージ・マハルを望むオープンテラスのレストラン

    インド屈指のホテルチェーン「ゲートウェイホテル」の最上階にあるルーフトップ・レストラン。タージ・マハールからわずか3kmの好立地に位置するホテルのレストランだけあり、晴れた日には白亜のタージ・マハルの霊廟を望みます。
    朝食やランチ、夕食はもちろん、お洒落なハイティーもご用意していますので、タージ・マハルの観光後の休憩にも最適のレストランです。

    住所:行き方
    Fatehabad Road, Tajganj, Agra,(ゲートウェィ内施設)
    営業時間
    8時~22時
  • 本格アーユルヴェーディック・スパ:Spa in Ernakulam

    Spa in Ernakulam

    ゲートウェイホテルが提供する本格アーユルヴェーディック・スパ。

    心と体の調和を整えるインド伝統医療の神髄・アーユル・ヴェーダの世界に浸り、天然ハーブ・香草を使用した伝統オイルを体に浸すことで、心地よくコリをほぐし、輝く美肌へと導きます。
    高級ホテルが提供するスパのため安心して施術が受けられます。心地よく贅沢なトリートメントでタージ・マハル観光やアグラの街歩きで疲れた体を癒して下さい。

    住所:行き方
    Fatehabad Road, Tajganj, Agra,(ゲートウェィ内施設)
    営業時間
    10時~20時

タージ・マハルの周辺ホテル

せっかくのアグラ旅行。ワンランク上の高級ホテルで、快適に優雅なホテルスティがオススメです。

  • インドを代表する最高級ホテル:ジ オベロイ アマール

    ジ オベロイ アマール

    世界中から人気を集めるインドを代表する最高級ホテル

    タージマハルの西側に位置し、全室タージ・マハルビューの宮殿風ホテル。世界のセレブから絶大な人気穂誇るジ オベロイ アマールで、時間と共に変わるタージ・マハルを眺めながら優雅なホテル滞在をお楽しみ下さい。
    ラグジュアリーな雰囲気がホテル全体に漂うジ オベロイ アマールは設備も豪華絢爛。ムガル王家ゆかりの贅沢な調度品やシャンデリアが煌くホテル内は散策しているだけでも優雅な気持ちになれます。
    最高級レストラン「イスファハン」や、極上のSPA「The Oberoi Spa」をはじめ、砂漠のオアシスのようなガーデンプールなど、快適で豪華なホテル設備も充実。なによりもホスピタリティーが群を抜いています。
    ハネムーンやフルムーン、特別記念でのご旅行にも断然オススメの最高級ホテルです。

    ジ オベロイ アマールの詳細・予約はこちら
  • 好立地の高級ホテル:ゲートウェイ・ホテル

    ゲートウェイ・ホテル

    タージ・マハールからわずか3kmの好立地の高級ホテル

    インド屈指のホテルチェーン「タージグループ」が手がける高級ホテル。アグラの中心に位置し、事前のご希望によっては、タージ・マハルを望むお部屋もご案内します。
    ライブ音楽と共に風味豊かな北インド料理が食べられる「JHANKAR」や、世界屈指のワインやスピリッツ、葉巻を要したラウンジ「SAQUI」、本格アーユルヴェーダを提供する「Spa in Ernakulam」などホテル施設も充実しています。
    タージ・マハル観光などのアグラの街歩きと、優雅なホテル滞在のどちらの希望も叶えてくれる、リーズナブルで贅沢な高級ホテルです。

    ゲートウェイ・ホテルの詳細・予約はこちら
  • ダブルツリー バイ ヒルトン ホテル

    ダブルツリー バイ ヒルトン ホテル

    アグラ市街中心に位置するヒルトン系列ホテル

    市街中心地に位置し、タージ・マハルからも程近い距離に位置する高級ホテル。ホテルの周辺にはショッピング街やレストランも点在しており街歩きにも便利です。
    本格的なインド料理を提供するレストラン、多彩なメニューが揃う高級スパ、開放的な屋外プールや、ビジネスセンターなどの充実したホテル設備とホスピタリティが揃うのは、さすがヒルトンならでは。
    アースカラーを基調にしたモダンインテリアを配した清潔感のあるホテルの客室には、高速Wi-Fiやバスタブ、エアコンなど快適な設備も揃っています。事前のご希望によっては、タージ・マハルを望むお部屋もご案内します。

    ダブルツリー バイ ヒルトンの詳細・予約

皇帝シャー・ジャハーンと王妃ムムターズ・マハルの愛の物語

インド建築の最高峰として、世界屈指の人気を誇る世界遺産タージ・マハルは、17世紀にムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが、36歳の若さでこの世を去った最愛の王妃ムムターズ・マハルの死を悼み、王妃への永遠の愛を捧げるために建設された、最も壮大で最も美しい「愛の墓標」です。
タージ・マハルの名前の由来が「ムムターズ(王妃の名)・マハル(宮殿)」が訛ったものである事からも、この白亜の大霊廟が皇帝と王妃の愛の物語であることを示しています。
タージ・マハルの建設後、皇位継承争いに負けたシャージャ・ハーンは、実の息子にアグラ城内にある八角の塔ムサンマン・ブルジュ内に幽閉されました。皮肉にも彼が愛する王妃のために作ったこの部屋からは、タージ・マハルを望むことが出来ます。
幽閉された彼が亡き愛妃を偲びながら、その場所から8年間、自ら建設したタージ・マハルを毎日眺めていたのも、なんとも皮肉で感慨深い愛のストーリーです。

皇帝シャー・ジャハーンと王妃ムムターズ・マハルの愛の物語

タージ・マハルの中の唯一の非対称

亡き王妃のため、極限の美を追求して建設された世界遺産タージ・マハル。22年の歳月と国政を揺るがすほどの膨大な国家予算をかけて建設されたタージ・マハルは、世界から名だたるイスラム建築士や彫刻士が集められ、大霊廟・ミナレット・庭園、そして壁画に刻まれた象嵌細工まで、計算しつくされた完璧な左右対称のシンメトリーを誇り、インド・イスラム建築の最高峰と称されます。
さて、その完璧なシンメトリー誇るタージ・マハルの中で唯一の非対称といわれているのが、大霊廟内部に安置されている皇帝シャー・ジャハーンと愛する王妃の棺です。アグラ城で無念の死を遂げた皇帝が、死後、愛する王妃の傍に埋葬された結果、タージ・マハル唯一の非対称になりました。
完璧なシンメトリーを追求した結果、自分の棺だけ非シンメトリーになりましたが、様々な権力争いの中で離れ離れになってしまった2人が、再び寄り添うよう1つになれたこの形こそ、至高の美なのではないでしょうか。

タージ・マハルの中の唯一の非対称