バリ島リゾート特集|バリ3大伝統舞踊のご紹介

リゾートのご紹介

静と動が交差する、神秘的なバリ伝統舞踊

神々の棲む島バリでは、バリ・ヒンドゥという独自の宗教や文化が人々の関わっており、
舞踊や絵画、寺院の中に刻まれた深遠なるバリ・ヒンドゥ文化の側面は、世界の旅人の心を魅了してやみません。
バリ文化の華として知られるのがバリ伝統舞踊。かつては神へ捧げる奉納舞踊として舞われた神聖な舞踊です。
高鳴るガムランの複雑精緻な音色に合わせて、静と動が入り乱れるエキゾチックで優美な舞の動きがとても幻想的。
洗練された優美な舞踊の合間には、神への畏敬を表す世界観と宗教観が垣間見え、その内容も多様化されています。
多彩なバリ舞踊の中でも、三大伝統舞踊として知られる、3つの代表的な舞踊をご紹介します。

リゾートのご紹介
  • レゴンダンス

    Legong Dance

    • バリで最も華麗で優美な伝統舞踊レゴンダンス
      バリで最も華麗で優美な伝統舞踊レゴンダンス
    • 美女たちが演じる華やかな宮廷絵巻
      美女たちが演じる華やかな宮廷絵巻
    • きらびやかな衣装を身にまとった女性の洗練された舞
      きらびやかな衣装を身にまとった女性の洗練された優美な舞をお楽しみ下さい
    • 緑豊かなウブドはバリの伝統文化の街として知られています
      緑豊かなウブドはバリの伝統文化の街として知られています。
    • 深遠なるバリ・ヒンドゥ文化は、多くの旅人の心をひきつけます
      深遠なるバリ・ヒンドゥ文化は、多くの旅人の心をひきつけます
    • レゴンダンスやバロンダンスが毎夜行われる、サレン・アグン宮殿
      レゴンダンスやバロンダンスが毎夜行われる、サレン・アグン宮殿
    • バリで最も華麗で優美な伝統舞踊レゴンダンス
    • 美女たちが演じる華やかな宮廷絵巻
    • きらびやかな衣装を身にまとった女性の洗練された優美な舞をお楽しみ下さい
    • 緑豊かなウブドはバリの伝統文化の街として知られています。
    • 深遠なるバリ・ヒンドゥ文化は、多くの旅人の心をひきつけます
    • レゴンダンスやバロンダンスが毎夜行われる、サレン・アグン宮殿

    バリ島で最も美しい舞踊といわれる宮廷伝統舞踊

    優美な魅力が凝縮されたバリで最も華麗で美しい伝統舞踊レゴンダンス。中世の王朝詩やヒンドゥーの抒情詩、ラーマーヤナをモチーフにしたものや、蝶や魔物を表現した物語など様々な演目が行われます。
    特に世界的に知られる「ティルタ・サリ」はバリで最も有名な伝統舞踊団。世界中で公演ツアーを行うだけあって、一糸乱れるぬ動きでシンクロする姿は、まさに芸術の極み。宮廷舞踊を発端としているレゴンダンスを極めた一流ダンサーたちの手の美しい動きや、くるくると変わる目の動きに魅了されること間違いなしです。
    煌びやかな民族衣装に身を包んだ踊り子が壮麗な音楽にあわせて描く宮廷絵巻。人々の神への祈りが紡ぐ神聖な舞は「愛の神」ガムランが復活したように、幻想的な美しさです。

    サレンアグン宮殿の基本情報

    • 舞踊公演
      19:30~(無休)
      観賞料
      席により異なる
    • 住所
      Jl. Raya Ubud No.8, Ubud, Kecamatan Ubud
      アクセス
      ウブド市内から車で10分
    サレンアグン宮殿
    バリ島中央部のウブドは緑豊かな芸術の街。バリの美術・工芸・音楽・舞踊など伝統的かつ斬新なバリ文化の中心地として、多くのリ旅行者を魅了しています。夜になれば、宮殿や寺院など村のあちこちでガムランの演奏が鳴り響き、伝統舞踊が舞われます。その内容も多彩であり、日替わりで舞踊を堪能できます。
    特に有名なのがサレン・アグン宮殿。16世紀に建造されたウブドの王族の居住で、毎晩、中庭でレゴンやバロンなどの伝統舞踊が行われます。
    ウブドの中心部にあるためアクセスも便利。予約無しで気軽に鑑賞できますが、いい席で鑑賞したい場合は事前予約がオススメです。
    サレンアグン宮殿
  • バロンダンス

    BARONG

    • バリの壮大な伝説を表した伝統舞踊バロンダンス
      バリの壮大な伝説を表した伝統舞踊バロンダンス
    • 聖獣バロンの獅子舞を彷彿とさせるバロンの動きは必見!
      聖獣バロンの獅子舞を彷彿とさせるバロンの動きは必見!
    • トランス状態になって魔女ランダと戦う戦士たち
      トランス状態になって魔女ランダと戦う戦士たち
    • 軽やかでユーモラスな舞を披露するバロンと道化役のサル
      軽やかでユーモラスな舞を披露するバロンと道化役のサル
    • バリ・ヒンドゥー悪の象徴:邪悪な魔女ランダ
      バリ・ヒンドゥー悪の象徴:邪悪な魔女ランダ
    • 善と悪、永遠に拮抗する二極対立の世界観を表すバロンダンス
      善と悪、永遠に拮抗する二極対立の世界観を表すバロンダンス
    • バリの壮大な伝説を表した伝統舞踊バロンダンス
    • 聖獣バロンの獅子舞を彷彿とさせるバロンの動きは必見!
    • トランス状態になって魔女ランダと戦う戦士たち
    • 軽やかでユーモラスな舞を披露するバロンと道化役のサル
    • バリ・ヒンドゥー悪の象徴:邪悪な魔女ランダ
    • 善と悪、永遠に拮抗する二極対立の世界観を表すバロンダンス

    バリ・ヒンドゥの思想を表した善と悪の伝説を、壮大な舞踊で知る

    太古から災いから守るための宗教儀式として行われてきたバロンダンス。バロン(聖獣)と邪悪な魔女ランダとの果てしない戦いをモチーフにした結末のない物語は、人々の心の中の葛藤を描いているとも言われています。
    相対する善と悪が消えることはない、どう対峙していくかというバリ・ヒンドゥーの根底にあるルアビナダ(二極対立の世界観)が舞踊の背景にはあります。もともと宗教儀礼として誕生し、何世紀もの時間をかけて多様化を遂げたバリ舞踊には、「陰と陽が永遠に拮抗してこそ世界の拮抗が保たれる」というバリ島ならではの独自の世界観と宗教観が垣間見えます。
    バロンダンスの最大の見所は、トランス状態になった戦士やバロンとランダとの戦い。手に汗握る圧巻のパフォーマンスは興奮間違いなし!まるで実際に生きているかのように愛嬌あふれるバロンの姿からも目が離せません。
    その時々によって結末が変わるというバロンダンス特有の演目の決着にも注目です。

    バロンダンスの基本情報

    • 営業時間
      07:00~17:00(無休)
      入場料金
      20000ルピー
    • 住所
      Jl.Raya Tegallalang, Gianyar, Bali
      アクセス
      バリ市内から車で30分
    ガムラン
    バリ伝統舞踊を盛り上げてくれる民族音楽ガムラン。インド洋を表すがごとく荒れ狂うように響き渡る山場あり、ウブドのライステラスのように静寂に満ちた調べありで、舞踊に多様な表情の彩りを与える重要な役割を担います。
    中世バリ王朝時代より、宮廷でも長らく愛されてインドネシア伝統舞踊ガムラン。多様な楽器によって生み出される合奏は、両面第鼓と主旋律を奏でるウガルに導かれて、一糸乱れぬダイナミックなハーモニーが生み出されます。
    心魂を揺さぶる躍動的な音のうねり、その神秘的なハーモニーは、心の琴線に響き渡ります。いにしえの王族たちも酔いしれたバリ伝統舞踊の優美な舞を、ガムランの神秘的な音色に合わせてご堪能下さい。
    ガムラン
  • ケチャックダンス

    KWCAK

    • 大迫力のコーラスと、抒情詩ラーマヤナの融合した舞台劇:ケチャックダンス
      大迫力のコーラスと、抒情詩ラーマヤナの融合した舞台劇:ケチャックダンス
    • 夜の闇に響き渡るケチャッの声と、炎の熱気!
      夜の闇に響き渡るケチャッの声と、炎の熱気!
    • ラーマヤナの場面の一つ、猿神ハマヌンの登場
      ラーマヤナの場面の一つ、猿神ハマヌンの登場
    • 集団トランスの歌い手たちの大合唱は、観客たちを神秘の深淵へと誘います。
      集団トランスの歌い手たちの大合唱は、観客たちを神秘の深淵へと誘います。
    • 断崖絶壁に佇むバリ・ヒンドゥー寺院:ウルワツ寺院
      断崖絶壁に佇むバリ・ヒンドゥー寺院:ウルワツ寺院
    • 海の色にハイビスカスの鮮やかな紫色が映える夕暮れ前のウルワツ寺院
      海の色にハイビスカスの鮮やかな紫色が映える夕暮れ前のウルワツ寺院
    • 大迫力のコーラスと、抒情詩ラーマヤナの融合した舞台劇:ケチャックダンス
    • 夜の闇に響き渡るケチャッの声と、炎の熱気!
    • ラーマヤナの場面の一つ、猿神ハマヌンの登場
    • 集団トランスの歌い手たちの大合唱は、観客たちを神秘の深淵へと誘います。
    • 断崖絶壁に佇むバリ・ヒンドゥー寺院:ウルワツ寺院
    • 海の色にハイビスカスの鮮やかな紫色が映える夕暮れ前のウルワツ寺院

    海と炎と祈りのシンクロが作り出す、摩訶不思議な合唱舞踊

    ヒンドゥの神様が降臨するための音楽にあわせて、踊り手が円陣になって大合唱する宗教儀式を起源とする、特徴的なリズムを刻み続けるバリ伝統の合唱舞踊。今では古代インドの二大抒情詩の一つである、英雄ラーマ王子の物語「ラーマヤナ」を組み合わせて上演しています。
    特に有名なのがウルワツ寺院でのケチャックダンス。インド洋にゆっくりと太陽が沈む頃、闇を破るようなガムランの音に合わせて「チャッ、チャッ、チャッ」という掛け声とともに舞踊は始まります。
    断崖絶壁の上で繰り返されるトランス状態になった躍り手の鬼気迫る合唱とダンスの大迫力、そして炎の熱気と、古典舞踊の祈りがミックスされた時間はとても幻想的。複雑精緻なリズムを刻むガムラン、そして集団トランスから生まれる神秘的なケチャは、観るもの全てをバリ島の深淵の世界へと導くような不思議な魅力があります。

    ウルワツ寺院の基本情報

    • 入場時間
      7:00~19:00(無休)
      料金
      25000ルピー
    • 住所
      Pecatu, South Kuta, Badung Regency,
      アクセス
      クタ市内から車で1時間
    ウルワツ寺院
    インド洋の荒波が打ち寄せる高さ70mの断崖絶壁の上に立つ、海の精霊が祀られたウルワツ寺院。美しい夕陽の名所として知られる名刹ウルワツ寺院は、数あるバリの寺院の中でも圧倒的な人気を誇ります。
    またケチャクダンスの名所として知られるウルワツ寺院。海に沈む太陽をスタートに幻想的な声のガムランが鳴り響くと、ウルワツ寺院の境内ではケチャクダンスが行われ、インド洋を守る祈りが日々捧げられるます。
    踊り手たちが刻む神秘的なリズムと観賞する観客の熱気が、ウルワツの空に吸い込まれるような不思議な空間を体験すれば、なぜバリの人々がこのケチャックダンスを長年大切にしてきたか、その理由がわかるはずです。
    FINNS
リゾートのご紹介

お客様の旅も目的・ご予定にあわせた最適なバリ島リゾート旅行を
H.I.S.の専門コンシェルジュがご提案いたします。
まずは無料でお気軽にH.I.S.までお問い合わせください。

代表者様のお名前
ご連絡先:メールアドレス
ご希望のリゾート名
お問い合わせ内容:
バリ島リゾート